つみたてNISAのおすすめ銘柄

投資
スポンサーリンク

はじめに

これまで投資の始め方や、iDeCo、NISAなどのシステムについて紹介してきました。

でも、証券口座開設や少額投資制度のことはわかったけど、「どこに投資すればいいの?」って思いますよね。

今回は、投資初心者でも安心してリターンをとれる。

投資先のおすすめ銘柄について記事にしたいと思います。

まだ投資の始め方や、iDeCo、NISAなどのシステムについて、あまり知らない方はこちらへ

これから株式投資をはじめる方に
これを機会に株式投資・投資信託をはじめようと考えている方もおられると思います。なので、株式投資・投資信託をはじめるのに順序を紹介しようと思います。

おすすめ投資銘柄(つみたてNISA・iDeCo)

私がおすすめするのは、以下の5つの投資銘柄です。

eMAXIS Slim 米国株式 (S&P500)

eMAXIS Slim 全世界株式

SBI バンガード S&P500

楽天・全米株式インデックス・ファンド (楽天 VTI)

楽天・全世界株式インデックスファンド (楽天 VT)


a)S&P500とは: 米国の主要な上場企業500社の株価をもとに、算出されているアメリカの代表的な株式指数のこと。時価総額はアメリカ全体の80%を占める。 この指数に連動するファンド

b)全米株式とは: 米国株式市場の動きに連動するファンド

c)全世界: 全世界の株式市場の動きに連動するファンド

これらはネット証券 (SBI 証券、楽天証券など)で購入することができます。

なぜこれらがオススメの投資銘柄なのか?

コスト(信託報酬)が窓口などで扱っているものより安い

市場平均を採用したインデックスファンド (S&P500、全世界など)だから

①コスト(信託報酬)が窓口などで扱っているものより安い 

ご紹介した投資銘柄の信託報酬は以下の通りですが、

eMAXIS Slim 米国株式 (S&P500)  信託報酬:0.0968%

楽天・全米株式インデックス・ファンド (楽天 VTI)  信託報酬:0.1620%

eMAXIS Slim 全世界株式  信託報酬:0.1144%

例としてこちらの投資銘柄は、投資のソムリエ 信託報酬:1.54% 

と商品によって、かなり信託報酬(コスト)が違ってきます。

約20年間という長い年月を投資し続けることになるので、きるだけコストの低い商品を選びましょう。

20年後には数%の差が、大きな金額の差として現れてきます。

②市場平均を採用したインデックスファンド だから 

まず、株価は長期的には右肩上がりだという前提にたちます。

インデックスファンドは株式市場をまるごと買う行為です。

つまり、インデックスファンドをひたすら買うことで、

その銘柄に投資した人の資産運用の成績は、市場平均とほぼ同じになります。

投資先であるS&P500の株価

アメリカ株式の大きな指数である、S&P500の1年の成長率は約3~7%です。

つまり、株価の上がり下がりはあるものの、資産運用成績は約3~7%のプラスになるという考えです。

上のチャートがS&P500のものです。

参考までに載せておきます。

まとめ

つみたてNISA・iDeCoおすすめ投資銘柄

●eMAXIS Slim 米国株式 (S&P500)

●eMAXIS Slim 全世界株式

●SBI バンガード S&P500

●楽天・全米株式インデックス・ファンド (楽天 VTI)

●楽天・全世界株式インデックスファンド (楽天 VT)


その理由は?

コスト(信託報酬)が窓口などで扱っているものより安い

市場平均を採用したインデックスファンド (S&P500、全世界など)だから

というのが、私の考えです。

たくさんブログやYoutubeで紹介されていますので、よく調べてリスクを理解した上で投資して下さい。

コメント

  1. おでまゆ より:

    こんばんは、おでまゆです( ^ω^ )
    私は「つみたてNISA・ideco」はS&P500です。
    idecoは年齢とともに切り替えてくかもしれまんが・・・。
    他には、HDV・VYM・SPYD・VIGなどなど購入しています。
    またブログにお邪魔させていただきます(^^)

    • ぽて ぽて より:

      おでまゆ様、コメントありがとうございます。
      当ブログの第一号です。
      S&P500いいですね。実は私もそうです。
      また、いつでもいらして下さい。

タイトルとURLをコピーしました