資産運用を失敗する3つの行動 

投資
スポンサーリンク

資産運用の原則とは

投資の世界には、長期積立分散という3つの原則があります。

これらをしっかり守っていれば、大きな損をすることはありません。

つみたてNISAを米国株式や全世界株式の投資信託で、

しっかり続けていればこれらの3つの原則は守れるようにできています。

つみたてNISAのおすすめ銘柄
これまで投資の始め方や、iDeCo、NISAなどのシステムについて紹介してきました。 でも、証券口座開設や少額投資制度のことはわかったけれど、どこに投資すればいいの? って思いますよね。 今回は、投資先のおすすめ銘柄について記事にしたいと思います。

ですが、以下の行動を取ると必ず損をしてしまいます。

注意しましょう!

資産運用を必ず失敗する3つの行動

1、リスクをとりすぎる

2、暴落局面でつみたてNISAを解約する

3、よくわからないまま銀行や証券会社等で「オススメ」商品を買ってしまう

1、リスクをとりすぎる

株価が順調な時は、誰でも平気です。

もっと株を買っておこうと思うものです。

ですが、一度大きく下落する相場に巻き込まれてしまい、

どんどん減っていく自分の資金を見ると必ず不安に感じて、

このまま株価は戻らないんじゃないか?」と思うでしょう。

そこで売ってしまっては、損をして終わりです。

大きく下落する相場に巻き込まれることを必ず想定して投資して下さい。

そうすることで、「余裕資金で投資」や「少額からの投資」ができると思います。

つまり「リスクをとりすぎない」投資です。

有名な投資家ウォーレン・バフェットの言葉にも、

「他人が貪欲になっているときは恐る恐る、周りが怖がっている時は貪欲に」

というものがあります。

どんな時でもリスクコントロールを忘れずに!

2、暴落局面でつみたてNISAを解約する

つみたてNISAを活用して、投資信託でコツコツ投資をしている人でも、

株式市場が暴落した際には、パニックに陥り慌てて解約しようとする動きが見られます

そもそも、相場は循環すると言われ、株価は右肩あがりで成長するという前提を忘れず、

長期的なスパンで投資を行うことができれば、

たとえ途中に、大きく下落しても回復まで待つことができれば、

損をすることはありません。

長期の目線で、原則を忘れずに粛々とつみたてていきましょう。

3、よくわからないまま銀行や証券会社等で「オススメ」商品を買ってしまう

銀行や証券会社などの金融機関の窓口で、投資の相談をすると

「この商品がオススメですよ」と、担当者から投資商品を勧められることがあります。

ですが、金融機関も営利企業なので、利益を確保しなければなりません。

そのため、金融機関では販売手数料や運用中のコストが高い自社都合の商品を勧める可能性があります。

まずは、しっかりと自分のお金を預ける(投資)する先を調べましょう。

簡単に儲かる話、美味しい話はありません。

おわりに

自戒の意味も込めて、この記事にしました。

投資は自分の感情との戦いのように思います。

いかに自分の感情をコントロールできるかが、重要だということを身をもって感じています。

株価の下落はインデックス投資でも結構なダメージを感じますが、個別株投資はその数倍です。

この記事を参考にすることで、少しでも多くの人の資産運用に貢献できればいいなと思います。

みなさんと一緒に資産運用で「暮らしを豊かに!

コメント

タイトルとURLをコピーしました