資産運用(資産を増やす)の基本は何か?

資産運用の基本 投資

相場の急な変動や不安なニュースが続く最近では、今後の資産づくりに不安を感じている人も多いんじゃないでしょうか?


まずは資産運用(資産を増やす)の基本を学んでいきましょう。

【長期・積立・分散】

どのような相場環境でも、基本的には「長期・積立・分散」です。

資産運用の有名な言葉に「卵は一つのカゴに盛るな」というものがあります。

投資先を大きく分散することによって、リスクを分散することができるのです。また、長期・積立することにより、一時的な株価の暴落があったとしても大きく資産を減らすことはありません。

資産運用をする上での最難関は【継続】

「資産運用を続けることが難しい。だが、最も重要なこと。」

相場は常に変動するものであり、常に上げ下げを繰り返し、時には大きな調整局面も迎えます。

こうした状況になると、自分の資産も目減りしてきて、もうやめてしまおうと考えることでしょう。

ですが、「分散・積立・長期」の資産運用では、この株価の下落局面をチャンス(収益を得る局面)に変える事ができます。積立投資をすることで、下落局面でも積立を続けていくことで、そのときに買った資産は相場が回復するだけでプラスのリターンを生むことができます。

こうして「10年、20年」という長期の観点で見ていくことによって、資産を育てて、私達の暮らしに安心をもたらしてくれます。

また、投資のプロから学ぶことで安心して、資産を増やす道を選ぶ方法もあります

株歴40年超のプロによる推奨銘柄!

世界経済は常に成長

世界経済は人口の増加とともに常に成長を続けています。

資産運用をする理由を問われたときに、「資産運用を続けていくのは、世界経済が成長しているから」と答えられますか?

世界経済はこれまでも、テクノロジーの進化を中心として成長しており、それは今も続いてさらに加速しています。具体的には「宇宙・メタバース・自動運転」などあります。

今後も経済成長が続くのであれば、そこに投資することで資産の成長も期待できます。

今なら無料のオンライン講座!投資の達人になる投資講座

コメント

タイトルとURLをコピーしました