新NISAはどうなる? 2024年~

学び
スポンサーリンク
ぽてち
ぽてち

NISAが2024年から変わるって聞いたけど、

何が変わるの?

ぽてこ
ぽてこ

それぞれ変更点を見てみよう

*税制改正がまだ未確定なので、確定してから、よく確認して制度を利用しましょう

一般NISAの変更点

新NISAの非課税枠は次の2階建てとなります。

①1階の対象商品はつみたてNISAと同じ「年に20万円の枠」

②2階部分は現行の一般NISAからハイレバレッジ投資信託等を除いたもの

(個別株)が対象「年に102万円」

◯2023年までにNISA口座を開設していた、もしくは上場株式等(投資信託含む)を取引したことがある場合は2階部分で上場株式のみを購入することができる。

引用:東証マネ部!https://money-bu-jpx.com/news/article027896/
ぽてち
ぽてち

図にするとわかりやすい。

ぽてこ
ぽてこ

一般NISA+つみたてNISAみたいな

感じになるね。

つみたてNISAの変更点

つみたてNISAの投資可能な期間が、5年間延長される。

つみたてNISAで投資できるのは、もともと2037年までだったが、今回の改正で5年間延長され、2042年まで新規投資できる。

現在の制度のまま新規投資できる期間が5年間延長された

ジュニアNISAの変更点

ジュニアNISAは口座開設は2023年までで、2024年以降の継続はありません。

ですが、2023年までに口座を開設すれば、子どもが18歳になるまで非課税での運用は可能です。

2024年以降はいつでも払い出し可能になる(1度に全額出金するのが条件)

⇨もともとは、子供が18歳になるまで払い戻し不可だった

オススメの利用方法

まずは、一般NISAやつみたてNISAを満額利用(つみたてNISAのほうが非課税期間は長くなるので)

その次にジュニアNISAを使用する。のがいいでしょう。

例)夫婦でつみたてNISA 月3.3万円×2人分=6.6万円、

ジュニアNISA非課税枠80万円(月6.6万)で、

月13.2万円は非課税での運用が可能となります。

おわりに

今回はNISA制度の改正についてでした。

いろんな制度、システムを知ることで、暮らしが豊かになります。

上手に利用して、みんなで豊かな暮らしにしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました