サラリーマンや投資初心者にインデックス投資がおすすめされる3つの理由

インデックス投資がオススメな3つの理由 投資

インデックス投資とは

インデックス投資のインデックスとは、「指数」のことです。インデックス投資とは、特定の指数と連動した値動きを目指す投資手法です。


ここでいう指数とは、数多くの企業の株価の動きを見るための「株価指数」を示します。

新聞などで見聞きする「日経平均株価」は、日本を代表する株価指数の一つです。他にもTOPIXやダウ指数など多数存在します。


インデックス投資は、インデックス(株価指数)と同じ値動きになるよう設計されたETF(上場投資信託)やインデックス投信を購入するだけで始めることができます。


このETFやファンドの値動きは日経平均と同様になりますから、日経平均が上昇すれば保有しているファンドやETFの価値も上昇し、下降すれば価値も下落します。

投資信託の場合、基準価額は1日に1つの価額となるため、取引可能時間内であれば何時に買付しても基準価額が変わりません。したがって、忙しいビジネスパーソンでも安心して買付ができる商品といえるでしょう。しかし、ETFは株式と同様、瞬時に価額が変動します。

インデックス投資のおすすめされる3つの理由

1.低コストで運用可能

難しい知識がなくても投資可能であり、インデックスファンドは他の投資商品に比べると運用コストが安いといわれています。


ノーロード(販売手数料無料)の商品も多く、気軽に売買ができることがメリットです。信託報酬も全体的に低いため、長期保有したとしても保有コストを抑えることができます。


低コストで100年以上の歴史を持つ伝統指数に投資できる手法は他にありません。 伝統ある指数に投資をするからこそ投資歴関係なく、再現性高い成果を出すことができると考えています。

2.値動きを見守りやすい

例えば国内株式のTOPIXや日経平均株価の値動きに連動する商品に投資をした場合、日々のニュースで目にすることが可能な数値のため、値動きを見守りやすいです。

3.分散投資がしやすい

インデックスファンドの中には、1つのファンドで債券や不動産投資信託(REIT)などの金融商品を組み合わせたインデックスファンドもあります。

また、ノーロードの商品を選べば、違う資産を扱う複数の投資信託を選んで買ったとしても販売手数料はかかりません。異なる値動きの商品に投資することでリスクを下げることができます。

インデックス投資の注意点

続けることができる人だけが利益を出せる

インデックス投資は長期投資 専門知識不要、初心者でも再現性高く実践可能ですが、その分長い時間をかける必要があります


弱気相場が来ても淡々と続けること。 目的、目標を達成するまで続けること。 それができて初めて複利の効果で大きな利益を得ることができます。


長期的に続けるためには今一度、自分の投資の目的や考え方、価値観を再確認し、インデックス投資が合致しているのかを確認する必要があるかもしれません。 合致してなければ無理に続けないほうが良いですし、合致していればさらに強固な意志で続けることができるでしょう。


短期で大きな利益を得ることが目的であればインデックス投資は向きません。 個別株式取引やFX、仮想通貨取引などの方が目的に合う手法となるでしょう。

買い時を見極めてはならない

初心者にありがちなのが 「だいぶ下落してきたし、今が底値だ!今のうちに大きな金額で投資をしておけば将来大きなリターンが得られる」 といった安易な考えでいつも以上の資金を投資に回してしまうことです。

これはほとんどの場合で外れます。 相場の「底」や「天井」は後になってわかります。 プロでも当てることができない相場の動きを初心者が当てられるはずがありません。


毎月定額でコツコツと買い進める、ドルコスト平均法を活用して投資を継続することが1番の近道です。

インデックス投資のやり方

まずは証券会社で口座を開設し入金します。あとは投資商品を購入するだけです。


投資はとても面倒だ、というイメージを持っている人も多いかもしれませんが、インデックス投資は思ったよりも身近で、簡単にできるものです。インターネットから口座を開設できるネット証券を利用することで、いつでも好きな時に買付できます。

インデックス投資は、長期運用と分散投資により、資産をじっくりと増やせます。短期間で利益につなげるタイプの投資方法ではないため、楽しみながら長期スパンで考えることが大切です。

ただし、資金があったからといって一度にまとめて購入するのはおすすめできません。「ドルコスト平均法」を用い、毎月一定の金額を積み立てての購入を心がけましょう。こうした積み立てでの購入には、「投資信託積立サービス」が便利です。

また仮に値崩れが起きても、焦らずに再び持ち直してから売るのが得策です。この投資は長期間が前提なので、大らかな気持ちで投資生活を楽しみましょう。

最初は期間を決めて、落ち着いて投資するのがオススメ

「指数、指標」という意味を含む、インデックス投資。その名の通り、株価指数と値動きが連動する投資方法です。


長期的な投資によって、じっくりと利益を増やしましょう。


ある程度放っておいても運用しやすいので、投資初心者や、忙しいビジネスパーソンは扱いやすいでしょう。投資に興味のある人はぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

投資関連記事

資産運用(資産を増やす)の基本は何か?
相場の急な変動や不安なニュースが続く最近では、今後の資産づくりに不安を感じている人も多いんじゃないでしょうか? まずは資産運用(資産を増やす)の基本を学んでいきましょう。
資産運用を必ず失敗する3つの方法
これから紹介する行動を取ると「あなたは必ず損をしてしまいます」 誰しもが、自分の資産はしっかりと増やしたいですよね? 大きく損をしないようにしっかりと学んでいきましょう。
「井上はじめ」の誰でもいつでも1億円を貯めて暮らしを豊かにする方法
ごく普通のサラリーマンが「1億円を貯められた方法」を紹介します。 「誰でも、いつでも」実践することのできる再現性の高い方法で、1億円を貯められる方法を紹介

コメント

タイトルとURLをコピーしました