プログラミングを子どもに習わせる3つのメリットと今後の発展

育児
スポンサーリンク

そもそもプログラミングとは

プログラミングとは、一言でいうとコンピュータへの指示を記述することです。


コンピュータは、あらかじめ用意されたプログラムの内容を読み取り、指示された通りの処理を実行し、得られた結果を返します。


このプログラムを構築することを、プログラミングと呼びます。


我々人間が日常生活の中で言語による会話で物事を判断するように、コンピュータも機械語と呼ばれる言語での命令によって処理を実行します。

そこで、人間にも解釈できる文法で記述しつつ機械語に翻訳できる言語として、プログラミング言語が開発されました。


このプログラミング言語によってプログラムを実装することが、プログラミングを行う目的です。


記述が少しでも間違っていると指示通りに動いてくれないのがプログラミング言語の特徴です。

プログラミングを学ぶ3つのメリットとは?

プログラミング言語を学ぶメリットとは何でしょうか?


プログラミング言語を習得することでWebサイトやアプリケーション、ゲーム作りに役立つだけでなく、プログラミングで得た考え方や知識・経験は将来の仕事探しにも繋がります。

  1. 論理的思考力が身に付けられる
  2. 自己実現能力・想像力を向上させられる
  3. 将来自分の力で稼げる

論理的思考力を身に付けられる

プログラミングは一部分でも間違えてしまうと、想定と違う動きをしてしまいます。


システムとして正しい動作させるためには、あらかじめ考えられる全てのケースを洗い出して適切に管理・入力しなければなりません。

プログラミングはパズルのようなものなので、いくつかの処理を組み合わせて一つのプログラムを作ることになります。


組み合わせ方によって正常に動作しなかったり、実行結果が異なってくるので、1つ1つの処理に整合性を取りながら正しく考えることになるので、論理的な思考力が身に付くことになります。

プログラミングを通して、世の中のどんなことに対してもじっくりと考えられる思考力が身に付くことになるでしょう。

自己実現能力・想像力を向上させられる

「youtubeばかり観て困る……」という親御さんがいるかと思いますが、子どもは「自分でやってみたい」 「動画を作ってみたい」という願望をもっています。


プログラミングを習うことにより、子どもが自分で色んなものを作れるということをわかってもらうきっかけになります。


プログラミング教室で学ぶことによって、テクノロジーを駆使して自分で何かを生み出す創造力が向上し、自己実現能力もアップします。目の前にあるテクノロジーで自分ならどんなものを作り出すか、そういう発想をする子どもたちがこれから増えていくはずです。

将来自分の力で稼げる

技術力を身に付けて自分の力で稼げるようになることも、プログラミングを学ぶ意味の1つです。

IT技術が重要視される世の中なので、プログラミングができる人材の需要がますます高まっています。



プログラミングのスキルを身につけることができれば、フリーランスのシステムエンジニアやプログラマーとして活躍することができます。企業に雇われなくても自分自身の力で仕事を受注して収入を得られるようになるでしょう。


こちらでは無料でプログラミング体験ができるので、お子さんの可能性を広げるために試してみるのも良いでしょう。

【無料】自宅にいながらプログラミング体験|Tech Kids Online Coaching

今後のプログラミングを活用してできること

  • Webアプリケーションの開発
  • ビックデータの解析
  • AI分野への進出

Webアプリケーションの開発

インターネット上で利用可能なアプリケーションである、Webアプリケーションの開発にプログラミングは活用されています。

SNS、YouTubeに代表される動画共有サイト、ショッピングサイトなどはWeb系のプログラミング言語で作られており、私たちの生活にも非常に身近なものです。

AI分野

近年、注目が集まるAI分野にもプログラミングは活用されています。

例えば今注目のAI分野の1つに自動車の自動運転がありますが、車の周囲の状況をリアルタイムでデータに変換して、加速したりブレーキをかけるといった一連の動作はすべてプログラミングで成り立っています。

ビッグデータの解析

顧客情報や商品情報などの蓄積された大量のデータのことを、ビッグデータと呼びます。

現在では、企業が収益の柱の1つとするために、自社の保有するデータを外部に販売したり、市販されているデータを購入して商品開発や需要予測に活かす事例が増えています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました