iDeCoをおすすめする理由!

学び
スポンサーリンク

iDeCoの概要

ねえ、

iDeCoって最近良く耳にするけどなにー?

自分で年金を作る、

オリジナル年金のことだよ!

自分でお金を出して自分で資産運用するんだ。

受取金は、運用成績に左右されてしまうよ。

ということで、iDeCoは自分で拠出したお金を自分で資産運用して、老後資金を準備するためのオリジナル年金です。

そのため、受取り金は運用成績に左右されます。



月々5000円から積み立てることができ、原則として60歳から受け取る仕組みです。

60歳になるまで引き出せないのか。

貯金と別で考えたほうがいいね。

そうだね。

本当に老後のための積み立てだね。

iDeCoのメリット

1.掛金が全額所得控除される

2.運用益が非課税で再投資できる

1.掛金が全額所得控除される

掛金全額が所得控除の対象となり、所得税・住民税が軽減される。

例)毎月の掛金が1万円の場合、所得税(10%)、住民税(10%)とすると年間2.4万円、税金が軽減されます。

2.運用益が非課税で再投資できる

通常、株などの金融商品を運用すると、運用益に課税されるが(源泉分離課税20.315%)、「iDeCo」なら非課税で再投資されます。

「iDeCo」運用のイメージ図↓

出典:ideco公式サイトhttps://www.ideco-koushiki.jp/guide/

iDeCoのデメリット

1、60歳まで引き出せない

2、受取時に税金がかかる

(退職金として税金は軽減されるが、課税対象である。)

3、会社との手続きが必要

(iDeCo加入時に、会社に証明書の記入等の手続きが必要で、意外と面倒に感じるかも・・・)

4、始める際と毎月の手数料がかかる。

加入時は約3000円、毎月約150円程度かかります。またiDeCoに加入する企業・銀行でも変わるので検討して下さい。

ネット銀行が安くすむので、オススメです。

デメリットもよく見ておこう。

60歳まで資金ロックは、

よく検討した方がいいね。

急にお金が必要になった時に、

iDeCoに頼らなくてもいいようにね。

まとめ

老後に向けて準備したい人にオススメ

iDeCoでの節税メリットは大きい

デメリットもあるので、よく検討する必要あり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました