必ず喜ばれる出産祝いのプレゼントの選び方

生活
スポンサーリンク

はじめに

「友人の出産祝いって、なにをプレゼントしたらいいんだろう?」

せっかくプレゼントするんですから、喜ばれるモノを贈りたいですよね。

そこで今回は出産祝いの選び方をご紹介します。

現在子育てしている立場からのものなので、より参考になるかと思います。

出産祝いの相場

出産祝いを贈るときの悩みとして多いのが、
「出産祝いを贈る時は、どれくらいのお祝い金が相場なのか?」というものです。

  • 家族・親戚       10,000円〜30,000円
  • 友人          5,000円〜10,000円
  • 会社の人(上司・部下) 3,000円〜10,000円

出産祝いの予算は地域・相手との関係性で変わります。

友達同士で祝う時は、相談してみるのもいいでしょう。

出産祝いの選び方

実用的であり、おしゃれなものなら間違いなし!

https://amzn.to/3s3tkqx

赤ちゃんが生まれたばかりの家庭は、不慣れなことも多く、
何かとバタバタして忙しいものです。子どもをつれて、買い物に行くことさえ一苦労なのです。

そのため日常使いができ、なおかつおしゃれな品物は喜ばれること間違いなしです。

例えば、日常的に使うおむつをケーキに見立てた「おむつケーキ」や、
洗い替えが複数必要な「スタイ(よだれかけ)を詰め合わせたギフトボックス」などは、

特に、実用性とおしゃれさを兼ね備えた喜ばれるアイテムです。

また、下記リンクのようにたくさんの種類のデザインやキャラクターがあるので、
他の人のプレゼントとかぶる心配はありません。

実用性抜群のおくるみ、ブランケット

https://amzn.to/323MMJ5

ベビー用のバスタオルやおくるみも、出産祝いには喜ばれるプレゼントです。

特におくるみはいろんな理由で汚してしまうことが多く、交換する回数もふえてしまうので、
どうしても数枚必要になります

常に使う物なので、プレゼントして喜ばれる外せない品物です。

ベビーウェアを贈るなら、半年後の季節・サイズに合わせて

赤ちゃんは着替える機会がとても多いので、ベビーウェアがあればとても助かります。

ベビー服を贈る場合は、生後半年から着られる、60~70cmサイズを選びましょう

そして、季節も半年後に合わせるのがベストです。
これは、赤ちゃんの成長に合わせないと季節外れのものと着ることになってしまうから。

例えば、1月に生まれた赤ちゃんに贈るなら夏物がベストです。

なお、ベビー服はデリケートな赤ちゃんの肌に触れるものなので、
天然素材100%のものの商品を選ぶと、より一層喜ばれるでしょう。

迷ったらカタログギフトを選ぶのもひとつの手

https://amzn.to/3mAKTgi

何を贈っていいのか分からず困ったら、カタログギフトを選ぶのも良いでしょう

自分で欲しいものを決められる上、配送もしてくれるので、
子育てで忙しい家庭にはとてもありがたいものです。

出産祝い向けのカタログギフトの中には、カタログ本体がアルバムにもなるような工夫が施されているものもありますので、好みに合ったものを選んでみて下さい。

カタログギフトだけは少し抵抗のある方は。
赤ちゃんのおもちゃとセットでプレゼントするのもいいでしょう。

出産祝いを贈るタイミング

プレゼントが決まったら、あとは贈る日取りを決めましょう。

出産祝いを贈るタイミングは、一般的に「母子の退院後」がもっとも適していると考えられます。

退院のタイミングは人それぞれですが、1週間から10日間ほどで退院する方が多いので、その後に贈るのがおすすめ。

まず優先すべきは「母子の健康状態」なので、必ず母子ともに健康であることを確認してから出産祝いは贈りましょう。


遅くとも生後1ヶ月位に実施されることの多い、お宮参りのタイミングまでには贈れるといいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました