子育てブロガーのブログの更新頻度を上げる3つの方法

生活
スポンサーリンク

はじめに

ブログの更新って、時間がかかりますよね?

こどもを育てながら、ブログを更新されている方は特に時間のやりくりが大切です。

基本的に自分の時間がとれるのは、こどものお昼寝時間中か、寝かしつけた後になります。

ですが、掃除や洗濯、料理などやらないといけない家事も、

たくさんあるのが現実だと思います。

では、どう記事を書く時間を作っていくのかを考えてみました。

こちらに時間短縮のポイントも紹介してます。

共働きの子育て世帯の時間の作り方 どう作るべき?
時間は有限なものです。しかし、人生を豊かにいきるためには、必ず向き合う必要があります。 楽しい時間、学びの時間、家族との時間、達成感のある時間を少しでも多く過ごして、みんな笑顔で過ごしていきたいですね。

ブログの更新頻度を上げる 3つの方法

1、ブログの内容を考えておく

2、パートナー、家族に協力してもらう

3、家事の時間を少なくする

1、ブログの内容を考えておく

こどものお昼寝の時間や、寝かしつけてからの時間を考えると、

個人差はあると思いますが、お昼寝の時間のpm2時~pm4時のおよそ2時間。

寝かしつけてからのpm21時~pm24時のおよそ3時間。

合計して、自分の自由な時間は5時間しかありません。

さらに、家事やシャワーの時間を考えると、

1日に約3時間ほどしか記事を書く時間はありません。

実質3時間で1記事を書くのは、私のような初心者には、厳しいと思います。

だからこそ、ミルクをあげてる時間や、お皿洗いをしている時に、

記事の内容構成をあらかじめ考えて決めておきましょう。

パソコンに向かうと同時に、書き始められたら理想ですね。

2、パートナー、家族に協力してもらう

パートナーや、家族の協力は不可欠だと思ってます。

これがないと時間の制約や、家事の質の問題が出てきてしまいます。

少しの家事の協力や、食事のおかずの品数を減らすことに理解を示してもらえたら、

時間の効率は格段に上がると思います。

まだ相談していない方は、思い切って家族の方に相談されてみてはいかがでしょうか?

3、家事の時間を少なくする

根本的に家事をする時間を見直してみましょう。

こどもと接する時間を長くとるためにも、記事を書く時間をとるためにも、

もし、時短家電に任せられるものがあるなら、購入してみるのもいいかと思います。

時間は有限です。

みなさんの素晴らしい記事を、心待ちにしている方はたくさんいます。

そういった人達のためにも、時短家電を検討してみましょう。

ロボット掃除機や食器洗浄機、ホットクック、乾燥機能付きの洗濯機など。

掃除・洗濯・料理のジャンルにおいて、味方をしてくれる家電があれば心強いと思います。

ヘルシオ ホットクックのメリット・デメリット 選び方
料理部門での便利家電では、ヘルシオ ホットクックを紹介したいと思います。ホットクックで作ったカレー美味しいんですよ。 家庭で作った味とは思えないほどです。

ロボット掃除機の選び方とメリット・デメリットを紹介
我が家では、2年ほど前に導入しました。まだ現役で非常に活用しています。こちらの製品も食器洗浄機と同じく、共働き世帯の救世主だと思っております。 導入してみるとその家事をする時間の分、他の家事ができますし、その分心にも余裕が生まれます。独身で忙しい人は、休む時間に充てられます。

食器洗浄機の選び方、メリット
便利家電の中でも、食器洗浄機についてです。わたしは、食器洗浄機を共働き世帯の救世主だと思っております。 今回はそんな食器洗浄機のメリット・デメリット、タイプ、選び方について紹介していきます。

注意点

ブログの記事を書くことは大切ですが、もっと大切にしないといけないものがあります。

家族の時間」ですよね。

こどもと一緒に過ごせる時間は、思っているよりも長くありません。

あっという間に親元を巣立っていってしまいます。

ですから、「家族の思い出をつくる時間」を大切にして下さいね。

まとめ

ブログの更新頻度を上げる 3つの方法

1、ブログの内容を考えておく

2、パートナー、家族に協力してもらう

3、家事の時間を少なくする

注意点:「家族の時間を大切に!

こういった内容をお伝えしてきました。

少しは参考になると幸いです。

おわりに

今回の記事の内容は、まるまる私の実体験に基づいています。

もし、「こんなのはどう?」、「この方法おすすめです

といったものがあれば、教えて下さい!

すぐに取り入れて実践させていただきます。

いつも応援してくれる方に感謝の気持ちを忘れずに、今後も更新を続けていきます。

みなさんの「暮らしを豊かに!

コメント

タイトルとURLをコピーしました