アップル ウォッチの上手な使い方

便利
スポンサーリンク

アップル ウォッチを使うには?

Apple Watchをセットアップするには、必ずiPhoneが必要になります。

スマートフォンが、iPhoneであることが前提になる製品ですので注意してください。


なお、最新のwatchOS 7を利用するには「iOS 14以降を搭載したiPhone 6s以降のモデル」と、「Apple Watch Series 3以降のモデル」が必要です。


Apple Watchは、Apple製品をすでに使っている人向けのデバイスです。

iphoneや、air podsを持っている方のための商品と言っても過言ではないように思います。

強くおすすめするアップル ウォッチの3つの使い方

●通知機能

アップル ウォッチのこの機能により、「無駄な通知には時間を取られず、大事な通知は見落としません。


この機能は、iphoneに届く通知が転送されるだけですが、iphoneを取り出さずに手元ですぐに確認ができるので、非常に便利です。


また、簡単な定型文や、音声入力であればApple Watchだけで返信可能な点も便利なところです。
(LINE、メール、SMS)


しっかりと文章を書いて返信しないといけない場合は、iphoneを使わないといけないですが、大部分をApple Watchで対応することが可能です。

●Apple Pay

https://www.goodspress.jp/reports/66709/?media=66787

アップル ウォッチは単体で、Suica、PASMO、iD、Quic Payが使えます

SuicaとPASMOは「エクスプレスカード」という設定に対応しており、この設定をしておくことでなんの操作もすることなく、アップルウォッチをタッチするだけで決済することができます。


常に手首のアップルウォッチをタッチするだけで、なにも取り出すことなく、決済をすることができるので、この機能は非常に便利です

●健康管理


アップル ウォッチのアプリによって「日々の活動量、健康管理機器、ワークアウトの計測を自動でしてくれる。


健康管理の点では、Activityというアプリによって消費カロリー、運動時間、立ち上がった回数をモニターしてくれていて毎日目標を達成できるように促してくれます。


他に心電図や心拍数、呼吸のモニターをしてくれるアプリがあるので、アップルウォッチのみで自身の健康状態のチェックと記録がされます


また、ワークアウトにおいても、Workoutアプリがありランニング、ウォーキングはもちろん様々な運動の記録ができます。


このアプリは、距離や消費カロリー、時間、心拍数をリアルタイムに計測してくれます。

自身の健康・生活スタイルを見直したいと考えている方には見逃せない機能ですよね。

その他のアップル ウォッチの機能

1 基本機能

1 iphoneに届いた通知を確認できる
2 時刻を確認できる
3 文字盤をカスタマイズできる
4 iphoneを探せる
5 Siriを呼び出せる
6 アラーム・タイマー・ストップウォッチ機能がある
7 ベルト交換ができる
8 カレンダー・タスク管理ができる
9 ボイスメモ機能がある

2 電話


1 電話をかける/受ける
2 トランシーバー機能がある
3 LINEメッセージの確認・送信ができる

3 生活


1 Apple Payで決算できる
2 地図・ナビアプリが使える
3 スマート家電の操作ができる

4 ヘルスケア・運動


1 睡眠ログがとれる
2 心電図機能と血中酸素濃度の測定ができる
3 「呼吸」アプリで呼吸をモニタリングできる
4 騒音レベルをモニタリングできる
5「周期記録」アプリで妊娠可能期間を予測ができる

5 エンタメ


1 iphone・ituneの音楽コントロール
2 音楽をオフライン/ストリーミング再生
3 Apple TVを操作

まとめ

強くおすすめするアップル ウォッチの3つの使い方

1、通知機能
2、Apple Pay
3、健康管理

まずは、この3つの機能をしっかり使えるようになりましょう。


今まではiphoneや財布、健康用の機器を取り出す必要のあることの大部分を、アップルウォッチができますので、本当に生活が変わるレベルで驚くことでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました