「体験談」困った・・・。1歳9ヶ月の子どもの熱

育児
スポンサーリンク

子どもの発熱

赤ちゃんの熱が、下がらずに続くと心配になりますよね。

3日以上高熱が続くと、より不安感も強くなります。

今回は1歳9ヶ月の子どもが、「突発性発疹」にかかりました。

突発性発疹」小さい子どもを育てている方なら、聞いたことがあるかと思います。



特効薬はないようで、処方されたのは解熱剤と対症療法の薬のみで、あとは本人の免疫力が頑張るしかないようです。


解熱してからも、とても不機嫌な状態が4日ほど続きました。


解熱してから不機嫌になることから、「不機嫌病」とも呼ばれているようです。


赤ちゃんの熱の正体

突発性発疹とは

突発性発疹のポイント!

  • 突発性発疹症はウイルス感染症の一つです。
  • 3歳ころまでにほとんどのお子さんがかかる病気の一つです。
  • 3〜4日間の発熱し、解熱前後で全身に発疹が出現します。
  • 特効薬はなく自然治癒します。予防すべき病気ではありません。
http://www5a.biglobe.ne.jp/~imagawa/hoken/byouki/toppatusin.htm

突発性発疹とは乳幼児期の赤ちゃんの代表的な病気で、発熱発疹を伴うウイルス性の感染症です。


季節に関係なく罹患する可能性があり、ウイルスに感染してから10日ほどの潜伏期を経て発症します。


急に40℃近い高熱を出し、熱が下がると共に全身に「発疹」が出現します。

生後4カ月頃からかかる可能性があり、1歳までに90%の幼児が発症し、3歳頃までのほとんどの小児がかかります。

突発性発疹の原因

調べたところ、ヒトヘルペスウイルス(HHV )6型または、7型に感染することによって発症するようです。


ほとんどの大人はすでに罹患しており、体内にウイルスが潜んでいると考えられ、濃厚に接する人(子どもの両親、保育園など)の唾液にウイルスが潜んでおり、その唾液を感染経路として小児に感染すると考えられているようです。


突発性発疹の症状

主な症状は発熱と発疹、そして下痢でした。


突然38~40℃の高熱が出て、高熱が4日続いた後、平熱近くに戻り、しばらくしてから発疹が現れました。


痒みを伴わないみたいで、掻いたりはしませんでした。


熱が出ている間は、下痢が続いていました。


小さなプツプツとした紅斑が、顔に出て、お腹・背中にもありました。

突発性発疹の症状と対処法!突然38~40℃の高熱!うつる病気なの? | ままのて
https://mamanoko.jp/articles/26780

突発性発疹の検査・診断

発熱だけでは診断できないため、下熱後の経過を観察し、発疹を認めて初めて突発性発疹と診断されるようです。

発症中のお世話

●食事の食べる量は少なくなったものの、水分はしっかり取れており、解熱剤を使用している時は、機嫌が良かったので少し安心でした。


●解熱剤は、主にお昼寝の前に使用して、赤ちゃんができるだけ眠りやすいようにサイクルを合わせていました。


●冷えピタや氷を使って、身体を冷やそうとしたんですが、とても嫌がりましたので諦めました。


●熱が高く、汗もよくかいていたので、こまめに着替えさせていました。

高い熱がでることにより「熱性けいれん」を引き起こすことがあるようです。

熱性けいれんとは、熱が急激に高くなったときに起こってしまうけいれんのことで、突発性発疹のおよそ10%に見られるといわれるほど頻度の高い合併症です。

けいれんが数分でおさまれば、その後は特に心配はいらないとされています。

赤ちゃんの熱の経過

今回は新型コロナウイルスが蔓延していることもあり、
発熱からの経過を記録していたのでこちらに記載しておきます。


1日目 昼 38.5℃  夜 38.8℃  
症状:発熱、下痢(咳、鼻水は見られませんでした)
通院:「喉が赤い」と医師の所見、解熱剤と小児用のシロップ、整腸剤を処方される


2日目 朝 38.3℃  夜 38.3℃ 
症状:発熱、下痢(咳、鼻水は見られませんでした)


3日目 朝 37.3℃  昼 39.2℃  夜 38.2℃ 
症状:発熱、下痢(咳、鼻水は見られませんでした)
通院:アデノウイルス検査 陰性


4日目 朝 37.5℃  夜 36.7℃ (解熱剤使用中)
症状:発熱、下痢(咳、鼻水は見られませんでした)
通院:血液検査 特に異常なし


5日目 朝36.8℃
症状:発疹(顔・お腹・背中)+とても不機嫌

おわりに

子どもはよく熱を出します。

私自身も小さいときに、そうだったと記憶しています。

今回の経験で子育てをするうえで、ある程度の病気に関する知識は持っておいて損はないと感じました。

子どもは一つずつウイルスを乗り越えて、免疫を獲得していくものだと思います。

ウイルスや病気のことを知り、子どもをしっかり看病して、応援してあげましょう。

「赤ちゃんのお昼寝の悩み」はこちらへ

もうすぐ2歳児が昼寝を嫌がる
もうすぐ2歳になる上の子が、お昼寝を嫌がり大泣きするのが日常となりました。今までは寝室につれていくと布団に入り、ゴロゴロし始めて、添い寝で眠っていましたが、 これは、お昼寝をしなくてもいいくらいの体力がついてきているのか?

「育児の不安や悩み 解決法」はこちらへ

育児の不安と悩み 解決法
妻が2人目の子供を出産し入院していた時の、お父さんと子供のマン・ツー・マン子育て体験談。保育園にも入園しておらず、新型コロナウイルスの絡みで両親の助けを得られなかったため、7日の間息子と2人っきりで暮らしていました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました